FC2ブログ

マロっちのお昼寝生活

.29

未分類

別れ・・・そして回り逢い

      今日は、冬の到来をしみじみと感じる様な寒い一日です。
      寒い季節になると、あの日がやってきます。

      今日は前回の続きを綴っていきたいと思います。


         画像1 165

      この仔の名前はタロー。 柴犬の男の子でした。
      この仔は、以前住んでいた実家のご近所さんで生まれました。
      5匹、産まれた仔犬たち。 みんなそれぞれに新しいお家に
      引き取られ、最後にママの所に残っていたやんちゃ坊主。
      私が仕事帰りの頃、いつもママに甘えて外で遊んでいたんです。
      そんな姿が可愛くて、私の所に来てもらうことに決めました。
      少し大きくなり始めたタローのハウスは私の部屋の窓のすぐ下。
      ママのお家がすぐ前とあってか夜鳴きをする事もなく思ったよりも
      すんなりと生活に馴染んでくれました。
      元気でいたずらっこのタロー。
      私が帰る頃、必ず柵から顔を出して待って居てくれたいい仔。
      しばしば綱を解かれ家の周りの囲いの中で走り回っていました。
      ただ、知らない人が来ると怖がって隠れたり吠えたりしてしまう事も
      ありました。

         画像1 175


      そんなタローとの生活~3年、4年と過ぎ、
      私はタローを実家に残し家を出る事になりました。
      一時間程の所だし両親も可愛がっていたので安心していたのです。
      実際に週に一度は会いに行っていたし・・・。
      家に近づくと必ず顔を出して大騒ぎで熱烈歓迎で喜んでくれました。

      そう、いつでも会える・・・そう思っていたから。
      でも、そんな私の思いは一瞬にして消え去ってしまったんです。
      
      あの日、2月の寒い日。 その日は実家で法事が有ったのですが
      体調を崩していた私は出席出来ずに家に居ました。
      そんな事になってるなんてまったく知らずに。
      その日は人の出入りがあり、繋ぎ忘れられていたタローは、
      訪問者が開けっ放しにした門扉から飛び出して行ってしまったのでしょう。
      そして・・・車が走る通りへと走って渡ろうとしたんだと思います。
      通りを渡ると散歩で行っていた大好きな公園が有りました。
            
      その瞬間、走って来た車に跳ねられてしまったのでしょう。
      どんなに痛かったんだろう、苦しかったんだろう。
      私のことを呼んでいたかもしれないと思うと・・申し訳ないばかりで。
      誰にも看取ってもらえずに息絶えてしまうなんて。
      なんでこの日に限って行かなかったんだろうって後悔の念ばかりでした。

      通りを渡ると散歩で行っていた大好きな公園が有って・・・
      そんなに行きたかったの? 楽しかったの?
      
      家族がそれを知ったのは、既にどこかの亡き骸として処理されてしまってからの事。
      問い合わせた時は遅く手元に帰って来るものは何も有りませんでした。
      それを両親は私に何日も言えずに黙っていたんです。
      何も知らない私は、いつもの様に実家に行くと予想をしていた光景もなく静かでした。
      いつもなら喜び騒ぐ声がするのに・・・
      タローの経緯を知った私は全身の力が抜け落ち、その瞬間の事は覚えていないんです。
      それからどう家に帰ったのかも。 その後は・・・・・
      
      そして長い年月が過ぎた今もその時の事がどうしても忘れられず心のどこかに
      引っ掛かっていて。 きっとあの仔は私のことを怒っているんだろうなぁ、
      “どうして来てくれなかったの?” って。 わずか5年余りの命。
      ひとりで"虹の橋”を渡れたんだろうか?
      今度は、私を待っていてくれるんだろうか?
      そして、それから犬を飼う事を封印していたのですが・・・

         画像1 167


      こうして二十数年を経て出逢ったマロ。
      時折、ふと見るとマロがあの頃のタローと同じ目で私を見ている。
      そんな気がして・・・
      何も疑わない真っ直ぐな目。 何か心配そうに見つめる目。
      
      いつか又やって来る辛い別れ。 でも、もう後悔はしたくないから絶対に。
      マロとの時間を大切にしたいから。

      ずっと一緒に居るからね!! これからもずっと、ず~っと!

               ※長いことお付き合い頂きありがとうございました。
                 これからも、こんなマロと私を宜しくお願いします。       
      
                
       


      
      
               
  

         
      

      
            
      
スポンサーサイト




NEXT Entry
街のざわめき?~そろそろですか?
NEW Topics
光~再び・・・。
術後の経過~これからへ
手術へ・・・母の思い
9月の災難・・・失明のの危機。
母に代わって・・・マロだよ。
時が過ぎても・・・。
今年もこの季節がやって来ました。
約束のない待ち合わせ。

Comment
37
私もふうちゃんの前に飼っていた子が亡くなった時に、もう犬は飼わないって思っていました。でも縁あって出会ってしまいました。

命のあるものは、お別れもあるし出会いもあるし、今の縁をありがたく思っています。

マロちゃんは、ママと出会えてよかった!

そういうめぐり合わせがあって、出会ったような気がします、お互い後悔のないように大切ん育てていきましょうね!

38
そんな辛い事があったんだね・・・。

でも、どんな状況で最後を迎えても
たとえ、自分の腕の中で眠りについたとしても
きっと後悔はつきものだと思う・・・。
私も後悔はしたくないから
プー太と一緒にいる時間を、毎日大切に・・・
と思ってても、それでも病気になったりしただけで
あの時あーすればよかった・・とか
後悔ばかり・・・。

でも、それ以上に大切な事って・・・
どれだけ愛してあげてるか・・・かな。
ワンにとって、飼主が全てだもんね。

タローちゃんは、マロマァマさんの気持ち
ちゃんとわかってたと思うよ。
虹の橋で、たくさんのお友達と
駈けずり回ってるはず!

マロちゃんも、プー太も同じ年だけど
お互い長生きしてもらいたいから、
これからもイッパイ愛してあげましょネ!


39
e-78ふうちゃんママさんへ

ママさんのロックちゃんでしたよね!?

そうですよねぇ、縁あって出会えた命ですものね。
大切にしなくちゃ!ですね。
マロにもふうちゃんの様に楽しそうに毎日を過ごして欲しいから・・・。
これからも出会えたことに感謝して大切にしていきます!


40
e-78プ~ママンさんへ

そうだねぇ、今まで後悔の念が消えなかったから・・・。
同じ思いは繰り返したくないものね!
まだプ~ちゃんもマロもこれからが有るもんね。

どんな時も信頼してもらえる母にならなくちゃいけないよね!
毎日を大切に過ごしていこうねe-2


Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マロマァマ

Author:マロマァマ
マロ
12才
3月生まれ
ジャイアント シーズー
出身:神奈川県


カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)



最新トラックバック


カテゴリ

FC2カウンター

参加ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

RSSフィード 管理者ページ